a travelling black sheep

<   2014年 06月 ( 6 )   > この月の画像一覧

No.286 癖って怖い

日本を離れているのにもかかわらずポチってしまったシリーズ。
その中のひとつビゾフレックスIIIとエルマー65mmF3.5をようやく使いました。


c0254833_11424588.jpg



こうしてみると当たり前かもしれませんが違うカメラのようですね。
レンジファインダーのアドバンテージを完全に消し去ったこのスタイル、
ストリートスナップ向きではないですがバッチコイで外に持ち出しました。

頭ではいつもと違う操作をしなければならないと分かってるのですが、
手が追いついていきません。
体が覚えた癖ってやっぱりあるんですね。

c0254833_11424029.jpg



その1 巻き上げをせずにシャッターを切る
これはデジ1のD700を使っていた時の感覚でやってしまったようです。
これでシャッターチャンスを数回逃しました。

その2 絞りを決めピントを合わせ巻き上げをし、最後にビゾの方でなくボディ側のシャッターを切る。
ビゾのレバーがあって隙間がそれほどないのにそれはないだろと思うかもしれませんが、
右手人差し指をシャッターに入れる癖が丁度その隙間だったようです。
これのおかげでフィルム数枚を無駄にしました。

使っていくうちに慣れていくと思いますが、
手で覚えるものってあるんだなぁと実感させられました。

でもビゾフレックス、これはこれで面白いです。
ミラー越しにライカのレンズの写りを確認したことがなかったので新鮮でした。
次は12.5cmのヘクトールを使ってみたいです。


オマケ↓

c0254833_11423520.jpg


出先で出会ったルーペを買ってしまいました。
これが一番の悪癖かもしれません。
これがあるとウエストレベルで撮れますしプリズムが入ってないので左右逆像になりますが、
接写なんかでは便利です。
と言い聞かせて悪癖には目をつぶることにします(笑)
でも前から気になってたフィルムカメラ一台、
触らせてもらって欲しい度がさらに増してしまったんですよねぇ・・・。

Leica M2 (Repainted) Visoflex III Elmar 65/3.5

FUJIFILM X-Pro1 XF 60mmF2.4 R Macro
[PR]
by g_voyageur | 2014-06-29 12:20 | XF60/2.4 R Macro | Comments(6)

No.285 イギリスからの手紙

イギリスからエアメールが届きました。
現在夏休みで日本にいるのですが、
予想もしなかった話が急に舞い込んできて、しかもトントン拍子に進んでいます。
ほぼ確定かと思いますが、この秋から少しイギリスに行くことになりそうです。


c0254833_1118660.jpg



確定したらしたらでいろいろ準備に追われることになりそうなので、
せっかく手にしたTyp240もこの件が落ち着いてからにしようとまだ出していません。
ライカを持ってイギリスに行けたら素敵ですよね。
急に出てきたお話ですがどう落ちがつくか楽しみです。
結果が出たらまた改めてご報告させていただきますね!

FUJIFILM X-Pro1 XF 60mmF2.4 R Macro
[PR]
by g_voyageur | 2014-06-26 11:33 | XF60/2.4 R Macro | Comments(8)

No.284 最後の選択50mm編

Leica M Typ 240を買うためにいろいろ放出してきました。
先に出した50mmはささっと売れたのですが35mmが不調のためまだ足りません。
そのため手元に残しておいたお気に入りの2本の50mmの中からもう一本放出です。



c0254833_11524068.jpg



MS Optical R&D Sonnetar 50/1.1 (左)
Leica Summilux 50/1.4 2nd (右)
からSummiluxをドナドナすることにします。

将来頑張って現行のASHPやアポズミ、ノクチなんかを目指す理由にしようと思います。
ライカレンズをオリジナル画角で撮りたいといってTyp 240を買ったのに、
その資金のためにライカレンズを放出するなんて本末転倒もいいとこですが、
それはそれで仕方ないですね(笑)

話かわって
学校用にフジのレンズも買わなきゃいけないんですが、
当初予定してた10-24mmと55-200の2本両方は厳しいので
新しく出る18-135と先日買った60mmマクロでこなそうかなぁなんて考えてます。
18-135は防塵防滴ですし、その後からでる防塵防滴の望遠ズームを必要に応じて足せばなんとかこなせる気がします。
ただ学校関係は望遠を使うことが多いので広角はライカにまかせて、
55-200の1本のみにしとけば予算は低く抑えられるのでそれもいいかななんて・・・。
こちらの方はまだ時間の余裕があるので、
まずは18-135の発売を待つ事にします。

FUJIFILM X-Pro1 XF 60mmF2.4 R Macro
[PR]
by g_voyageur | 2014-06-18 12:25 | XF60/2.4 R Macro | Comments(8)

No.283 実機を触って

予算に到達する前に逝っちゃいました。
Leica M Typ 240 Black
EVFは予算の関係上オリンパスにしました、
この辺は使えればいいかと妥協です。


c0254833_13353329.jpg




届かなかった分はローンなのでちゃっちゃと返済するために、
残しておくつもりだった機材からさらに強制放出決定です。

ま、この季節にわざわざカナダから日本にカビを生やしに持って帰ってきたとなると馬鹿らしいので、
そうなる前に念願の初・新品ライカのためと思えば納得です。

今回購入にあたって
いろいろご相談させていただいた皆さま、ありがとうございました。
お礼申し上げますm(_ _)m

早速開けて試し撮りを〜と思ったんですが、
学校から来学期のプログラムに応募するための
書面とポートフォリオを出せといきなり連絡がありましたので、
それが落ち着いてからにしたいと思います。

その前に放出日記の続き、
お見苦しいところをまたまたお見せしますがよろしくどうぞです(笑)

でも改造ホロゴンとR-D1は意地で残してありますのでご心配なくです!
[PR]
by g_voyageur | 2014-06-17 14:06 | Smart Phone | Comments(9)

No.282 雨の合間に

紫陽花を鑑賞してきました。
寄った写真も撮ったのですが、
あまり面白くないので引きの一枚です。


c0254833_16522594.jpg



しかし毎日よく降りますね。
紫陽花には雨が似合うと思いますが、
これだとせっかく久しぶりの日本だというのに外に出るのが億劫になってしまいます。
この雨に起因する各災害などが各地で起こってるようなのでみなさま気をつけてくださいね。


↓オマケ

c0254833_16584472.jpg


ふと見かけた賽銭箱にかかれている

「浄財」 を とっさに「マネーロンダリング」(資金洗浄)

と訳していました。

洗浄しなきゃならないのは
こんな罰当たりな解釈をしてしまうボクの頭の方ですね(笑)


FUJIFILM X-Pro1 XF 60mmF2.4 R Macro
[PR]
by g_voyageur | 2014-06-12 17:00 | XF60/2.4 R Macro | Comments(8)

No.280 アメリカか、それとも日本か

先、アドバイスを頂きありがとうございました。
おかげさまでMモノクロームからM Typ 240にターゲットがかわりました。

資金の問題はクリアしてないのですが、
今はどこで買おうか検討中です。
日本だと下取り割引があっても80万円台前半、
B&Hだと送料込みで約7,100ドル。
日本からの通販だと現地の消費税をとられないのでお得です。
ちなみにカナダから通販すると住んでる州の消費税を加算されるので、
もしB&Hで通販するとしても日本から買った方が賢いです。

c0254833_1245410.png



大雑把に計算するとB&HでMの本体と純正フラッシュSF 58を買うと送料込みで、
日本でボディだけ買うのと同じ値段です。

B&Hはライカの正規代理店なので
初期不良など何かあってもライカジャパンで保証してくれそうな気がしますし
アメリカから通販する方がベターなのかなと悩んでます。
一万や二万円ぐらいの差なら日本で買うのですが、
こう差があると考えさせられちゃいますよね。

しかしレンズは物によって価格差はあまりないものがありますが、
なんでボディだと価格に差があるんでしょうかね!?
「日本の方が売れる」
と言われちゃそれまでですが(笑)
[PR]
by g_voyageur | 2014-06-04 12:28 | Ordinary Life | Comments(9)